~Sakura Beansアイラッシュスクールが選ばれる5つのポイント~


ポイント1

マンツーマンレッスンor 少人数レッスンで、聞きたいときに聞きたいことが質問可能です。

 

ポイント2

似合うデザイン、違和感のない自然なまつげエクステで幅広い年齢層から好まれる技術を学べます。

 

ポイント3 

短時間でも回り道しない出来るコツと、お客様がエクステを着けられなくなるような地まつ毛にさせない為のポイントを押さえて指導いたしますので習い直しの方も劇的に変化します。

 

ポイント4 

技術職の方が苦手な物販や、お客様との接し方、集客についても講座受講可能です。

 

ポイント5

現役アイリストであり常に新しい知識を学び続けているオーナーから、実践、経験に基づいた結果の出る指導が受けられます。

 

 

こんにちは

 

初めまして。岐阜の各務原にてEyelashSalon Sakura Beansを営んでおります天木裕加里と申します。

 

「一図に、ぶれずに、まっすぐに」

 

本当にお客様に喜んでいただける施術がしたい!!私の中の思い。それが常に良いものを探し、素敵なご縁を結び、今でも学び続ける事の出来る自分であり続けています。

 

皆様はどんな技術者になりたいですか?ただつけるだけで良いですか?せっかくなら、お客様から指名される自分が良いですか?同じ名前の ‘’まつげエクステ技術者‘’ であっても、同じ ‘’まつげを付ける仕事‘’ であっても、ご自身の想い一つで全く違う施術となるのです。

 

‘’まつげエクステの施術って、難しい!!‘’昔の私は、そんな風にばかり思っていました。お客様の大切な目元を飾らせていただくまつげエクステですが、最初はその重要性を気にも留めず・・・。

 

‘’安かったから。それに1DAYで取得できるなら簡単!‘’と、安易な考えでまつげエクステの扉を開いた自分だったから。そんな簡単なものではないですよね。技術ですもの。

でも。

 

‘’ 短時間で習得出来ないのではなく、出来るやり方を最初から教われば、短時間でも出来る‘’と知ったのは、初めて習った日から一年半も経ったとき。ずいぶん出遅れてしまってました。

 

安心で安全で、正しくキレイなまつげエクステを施術できるようになるには努力が必要。でも、ただ努力すればいいものでもない。正しいやり方で努力するのでなければ、なかなか上手くなんてならないんです。

お客様から

『あなたにやってもらいたいから!』

そう言っていただけることは、本当に嬉しいですし、全てへの励み、次の夢への大きな力になります。

 

天木裕加里が行うアイラッシュスクールは、丁寧な施術のための技術習得は勿論のこと、ただ技術を習得するだけのスクールでは教えてもらうことのない1番大切な事《お客様を想う心》が培われるよう、愛情こめた技術をお伝えしております。

 

私も最初から出来たわけではありません。良いスクールになかなか出会えず、やっと見つけた素晴らしい先生方も皆さん東京や大阪・・・。足を運ぶたびに交通費がかさみ、毎月交通費の為に働いているかのようでした。もうやめてしまいたい・・と感じることも何度かあったのも事実です。

 

それでも、あきらめなかった。これを覚えたら、きっとお客様にもっと喜んでいただける!!そう感じていたから。

おかげさまで、サクラビーンズは、深く深く信頼で結ばれた常連様によって支えられ今日を迎えます。

 

自分らしく、自由も手にしながら、相思相愛のお客さ様にも出会え、それでいて前より家族との時間も大切に、体調管理まで気を使うことの出来る。理想的だなって思っていた、そんなお仕事スタイルが実現できています。

 

大手様では出来ない、個人サロンだからこそ出来る一つ一つの積み重ね。割引広告に頼らなくても、お客様が集まっちゃう。そして、またリピートして頂ける事はサロンの運命を変えてくれます。

 

そんな、技術スクールだけではない、小さなサロンの生き残り方は、アイセラピスト講座にて学ぶことも可能です。じっくりお客様と向き合い、時に涙した中で生み出された、愛されサロンの作り方。何気なくファンになっていただけて、さりげなく商品も売れていく。そんな魔法のような技は、技術職の方が最も苦手とするところでもありますね。

 

他では得ることの出来ないモノを、サクラビーンズのアイラッシュスクールで手に入れてください。貴方の毎日のお仕事が、楽しくてしょうがない!そんな時間になりますように。

 

Sakura Beans        天木

ブライダルの為だけのエクステかな?って思ってたけど。.挙式後も、ずっと通ってくださって...
>> 続きを読む

貴方にやってもらいたい!っておっしゃって下さるリピーター様の重要性に気づいていなかったあの...
>> 続きを読む

PR: DVは、身体への暴力だけではありません-政府広報
>> 続きを読む